納豆の成分の働き

納豆の成分の働きには

ナットウキナーゼでサラサラに

ナットウキナーゼは、日本で伝統的に食べられてきた発酵食品である納豆のネバネバ成分にたっぷり含まれていて、タンパク質の分解酵素でもあります。脳梗塞や心筋梗塞を起こす原因となる血栓は、誰でも出来る可能性があるものですが、ナットウキナーゼを摂取することで、血栓を生み出すきっかけになってしまう、血液凝固成分のビタミンK2を除去する効果が期待できます。血液がサラサラと流れやすくなり、ドロドロ血を防ぐ働きが期待できます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 口内炎に効くサプリには All rights reserved